はじめに

自民党の大阪市会議員の『荒木 はじめ』です。

これまで長年大阪市職員として勤務しておりましたが、平成27年4月の統一地方選挙で都島区選挙区より立候補し、大阪市会議員に当選させていただきました。

大阪市では今なお、大都市制度の問題や市政運営などに課題が山積しております。

長年の行政経験を議会の場で活かし、一つひとつの課題に丁寧に向き合い課題解決に取り組んで参ります。

政令指定都市としての大阪市が発展し、より強い大阪市に、そして皆様の区役所をより身近なものとし、この都島のまちを“笑顔のあふれるまち”にするために全力で市政・区政を進めていくために努めてまいります。

この間の議員活動を振り返り

平成27年4月から議員としての活動を開始して、3年が経ちました。この間、地域の皆様からの温かいご支援とご協力により、日々の議員活動を務めさせていただいております。

議員初年度の平成27年度は、自民党市会議員団の幹事の一員として、これまでの行政経験を議員活動に活かしながら、「財政総務委員会」に属し、財政総務委員会の副委員長を務めさせていただきました。

そして、平成28年3月の予算市会では一年生議員でありながら、自民党大阪市会議員団を代表して、市会本会議場で吉村市長に対して、『代表質問』を行いました。これは市長に対して本会議場で会派を代表して質問をする、議員として晴れの場です。代表質問の冒頭、吉村市長に対して、大阪市の歴史は時代を見渡す先見性と創造力あふれた都市計画のもと、我々の先達の大阪市民と行政や議会が一体となって築き上げてきた「まち」であると申しあげたうえで、具体的な質問をしてまいりました。

大阪のまちづくりや現在の大阪市の財政認識、教育問題や子育て、子供の貧困対策、地域コミュニティのあり方や文化施策、副首都の定義などについて厳しく質問をいたしました。最後に、大阪市は古くから市民が自ら作りあげてきた都市であり、自主自立、進取の気質あふれる活力ある都市である。大阪市が抱える多くの課題を解決するために、先人は市民自らが課題を解決し、この「まち」の発展に努めてきた。これまで築き上げてきた大阪の歴史・文化・伝統の上に立ち、大阪の持つ強みや個性を世界に発信していくことが重要であり、大阪市長としての誇りと自覚をもって、市民のために施策の推進に取り組むよう強く要望し、質問を終えました。

また、平成27年度中には財政総務委員会や市政改革特別委員会、一般決算特別委員会などの各委員会で、約80回にわたり市長や理事者に対して質疑を行いました。本会議においても2度、他会派の議員と本会議場において議員間討論を行ってきたところです。

この様な経験から、平成28年5月からは「都市経済委員会」に所属し、都市経済委員長に就任させていただき、一年間委員会運営に努めてまいりました。

平成29年度には「教育こども委員会」に所属し、大阪市の教育問題や現在の教育現場の課題について質疑してまいりました。また、大阪市における重要課題である「待機児童問題」と「こどもの貧困」について議論してまいりました。

本年は民生保健委員会委員として、地域の保健・福祉の充実に努めてまいります。今後ともこれまでの経験を活かして、一つひとつの課題に対して、地域の皆様にとって最善の施策を進めてまいりたいと考えておりますので、今後ともご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

平成30年6月

政策理念

1 この自然に恵まれた我が国

この自然に恵まれた、独自の文化と伝統をもつ我が国が、国民すべてが心豊かに暮らせるような国づくりが必要です。そのためにも、21世紀の時代において、少子高齢化対策や教育の再生、近隣諸国との外交や経済協力などの課題に対処し、そして教育や科学技術の振興により、活力ある国に成長していかなければなりません。国として、また国家として、国土を護り、国民の生命、財産をいかに守るのかが求められている時代です。

 少子高齢化は先進各国共通の課題です。福祉施策を進める上で、子育て・高齢者障がい者に対する福祉施策の充実が求められています。待機児童対策などの親の働きやすい環境整備にとどまらず、子どもは地域の宝として、親子だけで子育てするのではなく、家庭や家族、そして地域も含めた子育て環境の充実に向けるべきです。高齢者施策においては、2025年問題や認知症対策等の充実が喫緊の課題となっています。これも家族や医療・介護事業者のみでなく、地域が支える体制の整備が必須であると思います。障がいを持つ人々に対する施策も、発達障がいを始めとする、きめ細かい対応の充実が求められるものです。

続きを読む

2 大阪都構想に関して

大阪府と大阪市の二重行政弊害を打破する唯一の手段として、大阪の復権のために残されたのは大阪市を分割し特別区を設置する都構想であるとして、大阪維新の会から提案されています。しかし、大阪における大都市制度は、府と市との連携であり、大阪市域を特別区に再編し新たな問題を発生させるべきではありません。

先般の地方自治法の一部改正により、指定都市制度は見直され、区の役割が充実し市長の権限に属する事務のうち、区に変えて総合区を設け、議会の同意を得て選任される総合区長をおくことができます。また、指定都市と都道府県の事務の処理について連絡調整を行うための調整会議を設置することとなっています。調整が整わなければ総務大臣による勧告がなされることとなっているところです。このように、府市間調整や区長の権限増加をはじめ、大阪維新の会の主張する提案は、この法改正で大きく解消されるものです。

続きを読む

3 大阪の都市計画について

大阪は太古に難波宮が築かれた都市であります。そして昔から、国際交流の窓口として、アジアを中心とした海外との交流の門戸であり、難波津の船の航路を示すのが、今の大阪市の市章「みおつくし」の由来でもあります。

蓮如により築かれた大坂御坊は、石山本願寺として栄え、後に豊臣秀吉により築城された大坂城により城下町として発展していきましたが、江戸時代には、「天下の台所」として、経済の中心でもあり、先物取引などが開始された地であります。近世においても、独自の文化を生み出し、井原西鶴や近松門左衛門といった文人を輩出し、文楽や歌舞伎などの文化を生み出してきた地であります。

また、大阪は、適塾や、町人による町人の学校、懐徳堂が生まれた、学問の地でもありました。大阪経済の生みの親は「五代友厚」であり、今の証券取引所の前進の大阪株式取引所の設立や、糸綿・木綿取引所の開業など、商都大阪の礎を築いてまいりました。

続きを読む

4 大阪市会議員として4年目を迎えることとなりました

平成27年4月30日から大阪市会議員として、これまでの行政経験を議会活動に活かし、「財政総務委員会副委員長」「都市経済委員会委員長」「教育こども委員会委員」「市政改革特別委員会委員」として、大阪市の発展と市民生活の充実のために予算や条例などの議案審議や質疑をしてまいりました。本年は5月29日開催の市会本会議において新たに「民生保健委員会委員」と引き続き「市政改革特別委員会委員」となりました。本年度は市民の皆様の健康と福祉に関して、質疑・提案をしてまいりたいと考えております。

また、4月からは、自民党・市民クラブ市会議員団の政調会長に就任いたしました。気持ちも新たに大阪市の施策について活発な議論を進めて参りたいと考えております。

続きを読む

市政報告・市会日程

プロフィール

氏  名   荒木肇(はじめ)

住  所   大阪市都島区友渕町

生年月日   昭和29年11月生

最終学歴   大阪市立大学 卒業

職  歴   大阪市職員 環境保健局、市長室等勤務の後、都島区長(第24代)などを勤めた

趣  味   音楽鑑賞(大フィルのファン)、読書(城山三郎、宮部みゆき)

現  在   大阪市会議員 教育こども委員会委員、市政改革特別委員会委員

議会経歴   平成27年4月30日 統一地方選挙(都島区)において、大阪市会議員に初当選

       平成27年5月22日 市会運営委員会委員、財政総務委員会副委員長、市政改革特別委員会委員

       平成28年5月27日 都市経済委員会委員長、市政改革特別委員会委員

       平成29年5月30日 教育こども委員会委員、市政改革特別委員会委員

       平成30年4月24日 自民党市民クラブ市会議員団 政調会長

               5月29日 民生保健委員会委員、市政改革特別委員会委員

荒木はじめ後援会

大阪市会議員 荒木はじめ後援会「サポーターズクラブ」
ご入会をお待ちしております。

詳しくはこちら