平成27年4月から議員としての活動を開始して、3年が経ちました。この間、地域の皆様からの温かいご支援とご協力により、日々の議員活動を務めさせていただいております。

議員初年度の平成27年度は、自民党市会議員団の幹事の一員として、これまでの行政経験を議員活動に活かしながら、「財政総務委員会」に属し、財政総務委員会の副委員長を務めさせていただきました。

そして、平成28年3月の予算市会では一年生議員でありながら、自民党大阪市会議員団を代表して、市会本会議場で吉村市長に対して、『代表質問』を行いました。これは市長に対して本会議場で会派を代表して質問をする、議員として晴れの場です。代表質問の冒頭、吉村市長に対して、大阪市の歴史は時代を見渡す先見性と創造力あふれた都市計画のもと、我々の先達の大阪市民と行政や議会が一体となって築き上げてきた「まち」であると申しあげたうえで、具体的な質問をしてまいりました。

大阪のまちづくりや現在の大阪市の財政認識、教育問題や子育て、子供の貧困対策、地域コミュニティのあり方や文化施策、副首都の定義などについて厳しく質問をいたしました。最後に、大阪市は古くから市民が自ら作りあげてきた都市であり、自主自立、進取の気質あふれる活力ある都市である。大阪市が抱える多くの課題を解決するために、先人は市民自らが課題を解決し、この「まち」の発展に努めてきた。これまで築き上げてきた大阪の歴史・文化・伝統の上に立ち、大阪の持つ強みや個性を世界に発信していくことが重要であり、大阪市長としての誇りと自覚をもって、市民のために施策の推進に取り組むよう強く要望し、質問を終えました。

また、平成27年度中には財政総務委員会や市政改革特別委員会、一般決算特別委員会などの各委員会で、約80回にわたり市長や理事者に対して質疑を行いました。本会議においても2度、他会派の議員と本会議場において議員間討論を行ってきたところです。

この様な経験から、平成28年5月からは「都市経済委員会」に所属し、都市経済委員長に就任させていただき、一年間委員会運営に努めてまいりました。

平成29年度には「教育こども委員会」に所属し、大阪市の教育問題や現在の教育現場の課題について質疑してまいりました。また、大阪市における重要課題である「待機児童問題」と「こどもの貧困」について議論してまいりました。

本年は民生保健委員会委員として、地域の保健・福祉の充実に努めてまいります。今後ともこれまでの経験を活かして、一つひとつの課題に対して、地域の皆様にとって最善の施策を進めてまいりたいと考えておりますので、今後ともご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

                             平成30年6月